【事例】ECサイト_人気ジュエリーブランドでトップページ配置換えにより離脱率大幅改善!

ご覧いただきありがとうございます、CSチームの堀之内みのり(Minorin)です。
今回はプレゼントとしても喜ばれる、ジュエリーブランドECサイトのWebサイト改善例をご紹介します。

サービス概要、業界特徴

店舗販売と通信販売で展開するジュエリーブランド。単価が安くはなく、女性へのプレゼントのために、男性が通販サイトから購入するケースのように利用者と購入者が別である割合も高いです。安さや手軽さよりも、洗練されたデザイン・ブランドを大事にしています。

改善の目的

・サイトの離脱率を下げ、回遊を促す
たくさんのページを見て頂き、ブランドへの愛着を持って頂いたり、より好みに合う商品がないか見比べていただくことで最終的なCVRや売上単価も向上することが想定できます。
そのため、改善指標としても離脱率や回遊率を重要視しています。

実際に行った分析・施策

■コンバージョンしたユーザーがよく閲覧されていたページはどこか調べ、そのページへの導線となるバナーをトップページファーストビューに配置しました。

季節特集や新着商品、人気商品ランキングなど特集ページが様々あり、それぞれの導線となるバナーがトップページに配置されています。当初は「クリスマスやバレンタイン、ホワイトデーなど、シーズンに合わせたコンテンツが最も需要があるのではないか」という仮説のもと季節特集をメイントップに置いておりました。しかし、この通販サイトで、実際に購入完了したユーザーがよく訪れていたのは「人気商品ランキング」であることがわかりました。

そこで、ファーストビューで一番最初に目に入る場所に「人気商品ランキング」のバナーを配置、そしてバナー内には視認性の高いCTAボタンを置いたところ、ファーストビューからの離脱率が8%減少しました。

結果 :raised_hands:

トップページファーストビューの離脱率が8%減少、加えて、トップページ最下部までの読了率もなんと19%増加。サイト全体の回遊率も高まり、サイトへのエンゲージメントが高まったと言える結果となりました。

*****


いかがでしょうか。シンプルな施策ですがインパクトのある結果がでました。分析に基づいて出てきた施策アイディアは、実行されてこそみを結びます!みなさんで一緒に、どんどんPDCAを回していきましょう。

「いいね!」 2